お知らせ

ドイツのボーフムに,ロボットスーツHAL®を用いたリハビリテーション施設として、ヨーロッパ初のニューロロボット・トレーニングセンターが開設されました

ボーフム大学附属ベルクマンスハイル病院で、ロボットスーツHAL®を対麻痺患者などの治療に用いるための世界初の臨床試験が行われています。同病院の診療部長、トーマス・シルトハウアー教授が治験責任者です。 同病院に2012年9月10日、ヨーロッ...
お知らせ

横井秀治さんの『小さなよろこび 大きな幸せ』が刊行されました

横井秀治著『小さなよろこび 大きな幸せ』知泉書館 ハウスマン(主夫)の眼からみたドイツの日常生活。 ドイツの福祉や介護の現状についての記事も豊富で、そこから日独の違いも学べます。 社会や文化の根底にある宗教性、キリスト教の精神...
お知らせ

医師による患者の自殺幇助と積極的臨死介助についてのドイツの医師へのアンケート調査を掲載致しました。

ドイツにおける患者の事前指示の法制化と医師による自殺幇助をめぐる議論 を掲載致しました。