宗教哲学の成立--新版にもとづく発展史的考察

単著  1994.12.15
情況出版社(東京) ヘーゲル--時代を先駆ける弁証法
 『宗教哲学講義』の最新版に基づいて、三部構成のおのおのにつき、各年度ごとの編成原理と構成の変化を歴史的-構造的視点から考察し、「宗教哲学」講義全体の形成過程を概観した。
上妻精、高山守、竹村喜一郎、長谷川宏編著、佐藤康邦、岩城見一ほか8名。67~87(21 頁)