お知らせ

スペイン安楽死法案 続報

ヨーロッパのメディアは、安楽死を合法化する法案は比較的早期に成立する可能性が高いと報じている。成立すれば、ヨーロッパで安楽死を合法化した4番目の国となり、世界では6番目の国(オランダ、ベルギー、ルクセンベルク、コロンビア、カナダ、スペイン)...
お知らせ

2020年2月11日、スペイン議会、安楽死合法化の法案を審議することを承認

2020年2月11日、スペイン議会は安楽死合法化の法案を審議することを求める発議を承認 下院での投票結果:賛成201、反対140、棄権2で承認。 社会労働党が発議。同党は夏までの法律の施行を目指している。 国民党などが反対。国民党は、...
お知らせ

『安楽死・尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』中公新書,再版で、若干の修正・加筆を行いました。

『安楽死・尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』中公新書,再版 2020 主な修正・加筆 13ページ 安楽死が合法化されている国として、南米のコロンビアを加えました。 232ページ6行目  すでに四ヵ国→ すでに五カ国 ...
お知らせ

盛永 審一郎先生がオランダ安楽死についての興味深い最新情報を提供しています。

盛永 審一郎 安楽死の意思、認知症になったらどう再確認する? 終末期に差し掛かった患者の意思は本当に「事前指示書」と同じか 2020.2.6(木)
お知らせ

『安楽死・尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』中公新書の Kindle版が入手可能です。若干の修正を行いました。

お知らせ

『安楽死・尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』目次紹介

『安楽死と尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』中公新書 目次 序 章  肉体的苦痛の時代――戦後日本の事件と判決 第1章  安楽死合法化による実施――世界初のオランダの試み  1 続発した安楽死事件...
お知らせ

拙著『安楽死・尊厳死の現在』について

拙著『安楽死・尊厳死の現在』25頁に オランダの安楽死は…… 「死ぬ権利」ではなく、むしろ、死を医師の管理下に置く「死の医療化」である。 と書きました。これは31頁にある「安楽死の脱医療化」(シャボットあかね『安楽死を選ぶ』2014年か...
お知らせ

『安楽死・尊厳死の現在――最終段階の医療と自己決定』(中公新書)刊行

お知らせ

ケースで学ぶ 認知症ケアの倫理と法

ケースで学ぶ 認知症ケアの倫理と法 南山堂 2017年3月
お知らせ

盛永審一郎教授「ゲノム編集技術の本当の倫理的問題」

盛永審一郎教授のゲノム編集技術の本当の倫理的問題についての論文が下記に掲載されています。 jbpress.ismedia.jp/articles/-/55015